結婚式のドレス

結婚式のドレスの入手方法は、大きく分けてレンタルと購入があります。どちらを選ぶかは、その人の置かれている状況や考え方によります。

例えば、ドレスを結婚式の記念に手元に残しておきたい、海外での結婚式と帰国後のパーティの両方でお気に入りのドレスを着たい、誰も手を通していないまっさらなドレスを結婚式で着たい、といった場合は、ドレスを購入してしまった方がいいかもしれません。

なお、一般的に価格は購入のほうがレンタルよりも5万円程高くなるようです。かつてはレンタルではサイズ直しがきかないということがありましたが、現在はレンタルでもサイズ直しが可能なものもあります。

ドレスの値段はまさにピンキリです。下は3万円台から上はン百万円もします。とはいえ平均的に見ると、1着15万円〜30万円あたりに落ち着くようです。

結婚式のドレスの他、お色直しでカラードレスも着たいという場合には2着分の予算が必要です。なお、結婚式会場が決まったら、さっそくドレス選びに着手するのが賢いやり方でしょう。

一般的に、メーカーによる新作発表や展示会は1〜2月と7〜8月に行われ、ショップに新作が入荷されるのは2〜3月と8〜9月頃です。結婚式で新作ドレスを着たいのであれば、この時期を狙ったほうが良いでしょう。

結婚式のヘアスタイル

結婚式のヘアスタイルで、女性に多く支持されているのはアップスタイルですが、これは男性からは全く人気がないようです。一方、結婚式で男性に最も人気が高いのはダウンスタイルですが、女性の人気はそれほどでもありません。

実際、結婚式の時は、夜会巻きやシニヨンなどのアップスタイルにする人が多いようです。一口にアップスタイルといっても、ティアラ、クラウン、ボンネ、生花など、ヘアパーツによって同じヘアスタイルでも全く異なる雰囲気になり、また前髪によっても表情が変わります。

束ねたヘアを散らすと優しい雰囲気になり、また、まとめると清楚な花嫁になれます。

一方、結婚式のお色直しの時には、ダウンスタイルにする人が多いようです。結婚式の時でも、すっきりしたシンプルなドレスであれば、ダウンスタイルも可愛いかもしれません。

ただし、お辞儀をする度にヘアがバサッとならないようなスタイルがスマートでしょう。

ショートやミディアムでも、つけ毛を付ければ基本的にロングスタイルと同じようなスタイルが可能ですが、短めのヘアならではのモダンなスタイルや可憐なアレンジも素敵なスタイルで、小さめのクラウンも可愛く見られます。

和装での結婚式も多いですが、ヘアスタイルは、ヘアをおろさず、上げてすっきりしたヘアスタイルの方が和装が更に際立つようです。

国際結婚の仲介 中国

国際結婚を仲介するサイトで圧倒的に多いのが、中国人の女性を結婚相手として国際結婚を仲介するサイトです。

国際結婚の中で、なぜ中国人を仲介するかというと、まず中国は文化・生活習慣が似ていることが挙げられます。中国と日本は衣食住に関して文化や習慣が似ています。最初のうちは日本語が分からなくても、漢字で大半の言葉の意味が分かります。

総じて中国女性は日本の生活にスムーズに慣れていくケースがほとんどです。また女性の大半は家庭で料理を習ってきますので、将来にわたって美味しい中華料理を食べることができます。

さらに、中国女性は結婚後、家庭や家族を大切にします。中国は元来、日本以上に家族や家庭を大切にする傾向があります。日本では難しくなってきた親との同居も普通のことと考えています。

国際結婚後も男性の家族や親族を大切にし、うまくいっているケースが大変多いようです。このような理由により、他の国際結婚よりも仲介しやすく、結婚希望者も仲介を依頼しやすいのです。

中国人の国際結婚仲介の流れは、まず希望によりメール交換などを中国人女性と行い、その後、中国でお見合いをして婚約が決まれば、第2回目の訪中をして手続きを完了させます。

そして、中国から持ち帰った書類を日本の役所に提出して入籍を行います。そして、中国人女性の来日・外国人登録などを行います。

結婚式でのワンピース

結婚式の服装選びは難しいものです。目立ち過ぎてもいけませんが、かといって地味すぎるのも問題です。そんな時、上品なワンピースは強い味方です。

ラップワンピース・ニットワンピース・カシュクールワンピースなど、シックで上品なワンピースなら結婚式でも十分使えます。

結婚式ワンピースの一番手は、ラップワンピースです。例えば、ベルサーチのラップワンピースです。きりりとしたシンプルな黒が、女性の美しさを最大限に表現してくれる1着となります。

少し広めに開いたバックの肩のラインで、上品な女らしさを演出してくれます。サイドに付いたストラップが、他と差をつけるディティールとなっています。

次に、ニットワンピースです。ニット素材のため、結婚式以外のカジュアルダウンも簡単です。スカート部分も膨らみ過ぎず、裾のレース編みが脚長効果と重くなり過ぎない全体の絶妙なバランスを奏でます。立体裁断のため、ボディラインも良く見えます。

そして最後に、カシュクールワンピースです。スカートは、ボリュームが出るようになっており、上品なワンピースとして結婚式にも適しています。落ち着いたウール素材で、ふわっとした着心地がとてもやさしいワンピースになっています。

一方、結婚式でノースリーブのワンピースで出席する場合、ストールを肩に羽織るなど工夫すれば大丈夫でしょう。

結婚の相談

現在、結婚相談サービス会社や結婚相談所は、全国に約5000社もあるといわれています。ですから、色々な会社の広告や情報を目にすることと思います。

しかし、「何を基準に選べば良いのか?」・「自分に合った会社はどう選べばいいのか?」となると明確な情報が不足しているのではないでしょうか。

コンピュータによる相性診断でマッチングした会員リストを、月数名程度送付する情報提供を主たるサービスとするシステムや、ここ数年では、インターネットの普及に伴い、ネット上での出会いサービスや、その利用者、業者とも急速に拡大しています。

ところが、コンピュータマッチングでの会員情報を提供するサービスの成婚率は、わずか数パーセントしかないという話をよく聞きます。このことからも、出会いだけの提供で結婚することは難しいことが分かります。

より豊かで楽しい人生を共に送れるパートナーを見つけるためには、単に結婚相手を紹介するのではなく、結婚相談サービスには「アドバイザー」としての役割が必要になるでしょう。

本人の価値観を理解して、家族や友達にも相談できないような恋愛や結婚の悩み、不安について親身になって相談にのり、アドバイスするスタッフがいる結婚相談サービスを選ぶことが、成婚への近道といえます。

国際結婚の仲介

国際結婚を仲介するサイトも多数ありますが、実際に国際結婚という正式な定義は無く、異なった国籍同士の結婚から、異なった人種や宗教、民族間などの結婚を、一般的に国際結婚と総称しています。

しかし、通常は、国際結婚とは国籍の異なる者同士の結婚を表すことが多いのが現状です。よく存在する仲介サイトでの国際結婚の表現も異国間での結婚を表しています。

国際結婚仲介サイトでは、国際結婚の手続き情報やお見合い情報、国際結婚の手続き方法などの情報を提供し仲介しています。

人はそれぞれ「出会い」があるから結婚へ辿りつきます。その「出会い」はナンパ・コンパ・知人からの紹介・同級生・社内恋愛など多種多様です。

しかしその一方、恋愛が苦手な人やいわゆる奥手な人もいます。それによって結婚を諦める人も少なくありません。そのような人でも、国際結婚ならできるのでは、と考えていることがあります。

国際結婚仲介サイトでの紹介では、偽装結婚の問題や金銭をはじめとするトラブルを心配する人も少なくありません。現実としてトラブルもあるようです。

そこで、トラブルを防ぐために自主的なガイドラインを設けている国際結婚仲介サイトも増えているようです。

結婚式の衣装

結婚式あるいは披露宴に招待されて、難しくて悩んでしまうのが衣装です。結婚式で白色の衣装を着れるのは花嫁だけですね。

結婚式には様々なスタイル・様式がありますが、ほぼ全ての結婚式に当てはまるのが、「白い衣装を着てはいけない」ということです。

ただ、白色の衣装全てがダメなわけでなく、白色の比重が多くならないような衣装であれば問題ないとされています。アクセサリーやストールなどでの多少の白色のものであれば問題ないでしょう。

一方、黒一色の衣裳は縁起が悪く、喪服のイメージがする黒一色の衣裳は避けたほうが良いでしょう。

また、主役はあくまでも花嫁です。自分の衣装が花嫁よりも目立ってしまわないように注意しなければなりません。

衣装で意外と見落としがちなのが、花嫁のお色直しの衣装です。あらかじめお色直しで着る衣装の色を聞いておき、その色と同じ色の衣装は避けたほうが無難ですが、そこまで気にしすぎると、着れる衣装がかなり限られてしまいますので、それほど気にしなくても良いかもしれません。

そして、特に教会での結婚式の場合は、肌の露出が多い衣装は絶対避けたほうが良いでしょう。もちろん、披露宴ではある程度の肌の露出は良いかもしれませんが、結婚式では年配の方々は肌の露出を嫌う場合も多いので注意が必要です。

結婚式のアドバイス

結婚式は人生における大切なイベントです。結婚をするということだけでも大変ですが、結婚式を挙げるとなると色々な作業が待っています。実際に結婚式に関する準備などのアドバイスが沢山掲載されている雑誌もあるくらいです。

結婚式のアドバイスを雑誌や友人たちに求めるのも外れではありませんが、結婚式というのは、結婚する当人・当人の家族・親族の構成によって「良し」とするものが違ったものになってしまうおそれがあります。

一番大切なことは、「結婚式を自分達が挙げたいかどうか」です。なぜならば、結婚は結婚式を挙げなくても成立するものですから。

従って、結婚式についてアドバイスすることがあるとすれば、それはまず最初のアドバイスとして、結婚式を実際に挙げるべきかどうかの検討をすることです。

結婚式や披露宴をしなくても、結婚は成立するものです。結婚式を挙げるとなると雑務が増えるのは事実なのです。

式場選びから結婚式のマナーなど、結婚式にまつわるアドバイスが沢山ある中で、結婚式を挙げるべきかどうかというアドバイスは重要であるといえます。

ただ、結婚後の生活を考えてみると、親族とは何かと行き来をすることになる以上、一度に一斉にお披露目ができるという意味で、結婚式を挙げるのは効率的であることも確かです。

結婚のお祝い・プレゼント

結婚祝のプレゼントには、色々なタブーがあります。包丁などの刃物類を結婚祝のプレゼントとするのは、「縁を切る・裂く」という意味から、タブーとされています。

また、「別れ」につながるとされる白いハンカチ、「割れる」鏡もあまり良くないとされていますが、本人たちの希望であればプレゼントしても差し支えありません。

一般的に、時計は「勤勉」を意味するので、結婚祝のプレゼントとして目上の方へ贈るのは避けるべきです。もちろん希望であれば大丈夫です。

結婚祝い金と同様に、プレゼントも「4」と「9」という数字には気をつけましょう。「4」は「死」、「9」も「苦しむ」につながる数字です。4個、9個といったプレゼントは絶対に避けましょう。

以前は、「2」という数字も、偶数なので割れる(別れる)といって避けてきましたが、現在では「2」は「ペア」と考えるようになり、問題は無いとされています。

また、欧米では、キリストが13日に十字架にかけられたことから、「13」は凶数とされています。

一方、お茶は、お香典返しにされることが多いため、あまり結婚祝のプレゼントに選ばれることがないようですが、別にタブーではありません。

なお、結婚祝いのプレゼントは、正式には結婚式の1週間前の吉日に渡すのが良いとされています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。