結婚式 BGM・歌カテゴリの記事一覧

結婚式の歌

結婚式の余興の定番といえば、友人や親戚の方によるカラオケですね。皆さん、ここぞとばかりに熱唱されています。

最近は結婚式の会場となりうる場所に、カラオケの設備が整っていることも多いですし、カラオケの設備がなくても何らかの楽器で生演奏して歌うなんてことも余興としては尚オシャレ。

余興はだいたい結婚式の中盤あたりに行われます。そう、出席者の皆さんがほろ酔いで良い気分になってきた頃です。テンションも高く、勢いが出てくる頃ですね。

結婚式などの場のカラオケで、歌詞を細かく確認するぐらい、じっくり歌を聞き入っている人なんてホント滅多にいませんが、自分の得意な曲ってことだけで披露するのではなく、お祝いの曲を心を込めて熱唱するようにしましょう。

結婚式には、ご両親やご親戚など子供からお年寄りまで様々な年代の方々が出席するので、結婚式の歌として定番の歌を歌えば「みんなが知っている」ということで無難なのでしょう。

音楽ランキングなどでお馴染みの「ORICON STYLE(オリコンスタイル)」のウェディング特集にて、「自分の結婚式で友達に歌って欲しい歌」ランキングと、「友達の結婚式で歌ってあげたい歌」ランキングが発表されていますので、参考にしてみてください。

でも定番の歌に関しては、普通にカラオケで歌うよりは、ギターやウクレレ、ピアノなどの生演奏やアカペラなど、少し雰囲気を変えてみれば面白いのではないでしょうか。

結婚式のBGM

結婚式のBGMは、結婚式や披露宴の全て雰囲気を変えてしまうぐらい大切です。最も重要なのが、新郎と新婦が結婚式の会場に入ってくる時のBGMです。

新郎と新婦が会場に入ってくる時には、会場の中にいる全員のテンションが一番盛り上がる時ですので、ここで感動的なBGMが流れると会場の中の人たち全員に、すばらしい結婚式だと印象づけることができます。

ほとんどの結婚式場には、結婚式のBGMを選んでくれるのが専門の仕事の方がいますが、最近では新郎新婦が自分たちの思い出の曲や流行の曲を様々なところで流したりします。新郎新婦の入場の前や後にも様々なところでBGMは必要になってきます。

結婚式がはじまる時にはゆったりとしたBGMで気分を落ち着かせたり、様々なスピーチの時には、しゃべっている人のじゃまにならないようなBGMを選んだりします。

BGMの音の大きさも重要ですので専門の方とよく相談しておく事が大事です。

両親への感謝の手紙の朗読と花束贈呈は、ゲストも涙する感動のシーンです。胸を打つ美しいメロディーや感動的なバラードをおすすめします。

披露宴のフィナーレは、大きな拍手の中を退場するので、出だしはインパクトのあるものにしたほうがいいでしょう。お見送りの曲は、ゲストとの会話をじゃましないものにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。