結婚 仲介・紹介所・相談カテゴリの記事一覧

結婚の相談

現在、結婚相談サービス会社や結婚相談所は、全国に約5000社もあるといわれています。ですから、色々な会社の広告や情報を目にすることと思います。

しかし、「何を基準に選べば良いのか?」・「自分に合った会社はどう選べばいいのか?」となると明確な情報が不足しているのではないでしょうか。

コンピュータによる相性診断でマッチングした会員リストを、月数名程度送付する情報提供を主たるサービスとするシステムや、ここ数年では、インターネットの普及に伴い、ネット上での出会いサービスや、その利用者、業者とも急速に拡大しています。

ところが、コンピュータマッチングでの会員情報を提供するサービスの成婚率は、わずか数パーセントしかないという話をよく聞きます。このことからも、出会いだけの提供で結婚することは難しいことが分かります。

より豊かで楽しい人生を共に送れるパートナーを見つけるためには、単に結婚相手を紹介するのではなく、結婚相談サービスには「アドバイザー」としての役割が必要になるでしょう。

本人の価値観を理解して、家族や友達にも相談できないような恋愛や結婚の悩み、不安について親身になって相談にのり、アドバイスするスタッフがいる結婚相談サービスを選ぶことが、成婚への近道といえます。

結婚の仲介

結婚の仲介とは、結婚をしたいと思っている男女を引き合わせる事を言います。自分の出した様々な条件にあった人を選んで、相手を紹介してくれて、サポートをしてくれることです。

以前は結婚の仲介をする「仲人」(なこうど)と呼ばれる人が多くいましたが、仲介をした場合には「仲人」として結婚式に行く事はもちろん、夫婦の今後起きるであろう様々な出来事を見守っていく事になります。

最近では面倒な事だからか、あまり仲人を自らする人も少なくなっています。なので、多くの会社や企業が仲人の代わりとして仲介を受け持つ事も多くなっています。

企業が仲介に入ることのメリットとしては、様々な地域や地方から結婚相手を探す事が出来るようになるということです。近年では国際結婚を求める人も多くなっていますので、海外から結婚相手を探すという仲介の会社も多くなっています。

デメリットとしては、仲介をしてもらう為に入会の手数料や入会費といったお金を仲介会社に支払わなくてはならないことと、100%相手が見つかるわけではないという事です。

様々な紹介所があるため、1つだけの紹介所に行くのではなく、いろいろな紹介所を見て、自分に一番あった内容や長年の実績、良いカウンセラーのいる紹介所を探すことが一番大事だと言われています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。